東武東上線沿線のおすすめスポット・吉見百穴

吉見百穴とはどんなところ?

吉見百穴とは、東松山市の東隣に位置する比企郡吉見町にある埼玉県有数の人気観光スポットです。昭和時代から県内外からの観光客で賑わってきましたが、3つの側面を持つことが人気の秘訣となっています。基本的には古代遺跡に分類されるスポットで、古代にこの地域に住んでいた人が残した横穴式墓地です。一方、第二次大戦中には地下に軍需工場が作られたという歴史があり、戦争関連スポットという側面もあります。その他、天然記念物のヒカリゴケを鑑賞できるほか、周囲の景色が素晴らしい点も人々を惹きつけてきました。

吉見百穴のアクセス方法

吉見百穴がある吉見町には電車の駅がありません。しかし、吉見百穴は西隣に広がる東松山市との境界線付近に位置しており、東武東上線の東松山駅からは約2kmです。そのため、東松山駅から路線バスに乗ると最寄りバス停までわずか5分で到着します。最寄りバス停からも所要時間は徒歩5分となっていますので、東部東上線沿線地域に住んでいる人は意外とすぐ遊びに行く事が可能です。ちなみに東部東上線には池袋駅を始発駅とする特急電車が存在し、こちらに乗車すると池袋駅から最寄り駅まで70分で到着します。

吉見百穴の付近にも観光スポットがある

東松山駅からバスに乗って向かう場合、百穴入口という最寄りバス停から入口までの間には幾つかの観光スポットがあります。例えば、かつて地元の人間が長い時間をかけて岩を削って作った巌窟ホテルと呼ばれるスポットが現存していて廃墟好きの人達の間では人気です。また、この手前に位置する武蔵松山城跡も歩いて訪れる事が出来ます。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です