富士山駅から歩いて富士山に登ってみるのはどうですか?

江戸時代から吉田口登山道は賑わってきた

富士山には4つの登山ルートがありますが、その中で最も古くから登山客で栄えてきたのが北側の吉田口登山道(吉田ルート)です。雄大な富士山は江戸の街からよく見えていて、当時の庶民にとっても憧れの地でした。そんな中、江戸時代には庶民の間で甲州街道を通って富士登山をしにいく人たちがたくさん現れはじめ、現在の富士山駅の周囲は登山客で賑わった歴史をもちます。富士山駅周囲には今でも宿場の面影を残す場所が残されており、富士山駅から歩いて山頂を目指す形をとると、歴史を感じながら登山をする事が可能です。なお、昭和39年に富士山駅付近と5合目を結ぶ富士スバルラインが開通してから吉田口登山道の交通量は激減し、今では5合目までに茶屋は一件しかありません。その他の茶屋や宿は営業を終了していますが、建物の大半は廃墟として現存しています。

富士山駅から歩くと5合目・頂上まで何時間?

富士山駅からは馬返バスという路線バスが運行しており、これに乗って馬返しという登山口まで向かうと5合目まで3時間程度で到着します。ただし、富士山駅から馬返しまで歩いていくとなると距離的には約9kmあり、登り坂が続くため時速3kmくらいでしか歩けないため3時間程度かかります。つまり、富士山駅から5合目まで歩いて向かう場合の所要時間は6時間前後です。そこから頂上までは5時間前後かかりますので、5合目で引き返すのではなく頂上に向かう場合は基本的には5合目の山小屋に一泊してください。なお、5合目の山小屋付近の標高は2000m以上あり、頂上まで行かなくてもこの地点でアッと驚く絶景を堪能できます。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です